高機能緩衝材

「PAOSS」を用いた緩衝包装設計によって「適正包装」「トータルコストダウン」を実現していただくことを基本思想として、普及・定着させてまいりました。

優れた緩衝性能

独立気泡構造の気泡壁の持つ
剛性と空気の持つクッション
性を備えています。

極めて高い衝撃吸収性能があり、緩衝材に適しています。

繰り返し緩衝特性

繰り返し衝撃に対して、緩衝性能の変化が非常に少ないです。

割れたり欠けたりすることもなく、緩衝材に適しています。

豊富なデータ・設計

旭化成では膨大な設計データを蓄積しています。

適正な包装、トータルコストダウンをご提案できます。

サンテックフォーム® <Q25>の 繰返し衝撃による緩衝性の変化

サンテックフォーム® <Q25>の 繰返し衝撃による緩衝性の変化

注)これらの数値は測定値であり、規格値ではありません。

落下高さ:
80cm
落下:
1回目

動的衝撃特性曲線

動的衝撃特性曲線

注)これらの数値は測定値であり、規格値ではありません。

瞬間最大歪曲線

瞬間最大歪曲線

注)これらの数値は測定値であり、規格値ではありません。

落下高さ:
80cm
落下:
2〜5回目

動的衝撃特性曲線

動的衝撃特性曲線

注)これらの数値は測定値であり、規格値ではありません。

瞬間最大歪曲線

瞬間最大歪曲線

注)これらの数値は測定値であり、規格値ではありません。