設備診断 製品紹介

高圧ケーブル活線絶縁診断装置(LINDA)

LINDA : Live wire Insulation Diagnoser
LINDAとは3kV、6kVの高圧配電線路の絶縁を活線下で測定する装置です。LINDAシリーズは、200以上の事業所における特別高圧、高圧受電設備で採用いただいている絶縁監視装置であり、高圧ケーブルの絶縁状態を監視し、絶縁劣化の傾向を観察することで、突発事故を未然に防止します。

高圧ケーブル活線絶縁診断装置(LINDA) 高圧ケーブル活線絶縁診断装置(LINDA)
高圧ケーブル活線絶縁診断装置(LINDA) 高圧ケーブル活線絶縁診断装置(LINDA)

特徴

LINDA導入による傾向監視でコンディションベースメンテナンスを実現します。

  • 測定・データ処理などを完全自動で実行し、測定精度を自己診断して異常があれば測定を中止し、警報を出す
  • 診断結果・装置の異常時にアラーム(警報)を出す
  • 各種報告書(絶縁抵抗傾向グラフ、日・週・月報)を作成
  • 1台のLINDA測定器で最大90回線まで測定できるため、マルチ型で大規模なシステムが経済的に構築
  • シース絶縁抵抗が0.1MΩまで測定可能(一般にはシース絶縁抵抗が10MΩ以下になると正確な測定ができません)

導入効果

  • 電気設備の劣化傾向管理が可能になります。
  • 耐用年数ではなく、高圧線の余寿命をもとにした高圧ケーブル更新の計画が可能になります。
  • 高圧ケーブルの故障点の特定が可能となります。
導入効果
導入効果

LINDAシリーズ ラインアップ

種別 形式 構成 測定項目 測定頻度
LINDA-1000 ポータブル 測定装置 系統絶縁、本体絶縁、シース絶縁 随時
LINDA-1500 据置型 PC、測定盤、切替盤 系統絶縁、本体絶縁、シース絶縁 PCで任意設定
LINDA-2000 据置型 PC、測定盤(破断検出付き)、切替盤 系統絶縁、本体絶縁、シース絶縁、遮蔽軟銅テープ破断 PCで任意設定

測定機能、および測定回路

測定機能

  • 本体絶縁測定(Rx)  : ホイートストンブリッジの原理で測定する
  • シース絶縁抵抗(Rs) : 遮蔽銅テープと対地間を測定
  • 系統絶縁抵抗(Rt) : 系統全体の絶縁を一括して測定
  • 破断測定(Rh) : 各相の遮蔽銅テープ破断を検出 ※LINDA-2000のみ

測定回路

測定は直流電源重畳方式により、直流50Vの測定用電流を系統のEVT(GPT)中性点から重畳し(遮蔽層→絶縁体→導体)ホイートストンブリッジの原理で絶縁抵抗を測定します。

測定回路

適用要件

  • 特高受電の設備(特高/高圧トランスがない場合、送電側に測定用電流が逃げてしまうため
  • 系統にEVT・GTRを有していること(EVT/GTR中性点から測定用電流を重畳するため)

事例

  • 停電周期延長 導入事例

    停電周期延長 導入事例

    詳細