設備診断 製品紹介

ポータブル振動診断器
Vibro-Collector® MD-330

MD-330は、回転機器の振動から異常の兆候を読み取り、CBMを実現するためのポータブル振動診断器です。固定センサと同様の安定した正しい計測を可能にする「押し圧一定プローブ」を標準装備し、保全経験の浅い担当者の方でも、回転機器の振動傾向管理に必要なデータを効率的に収集・解析します。

ポータブル振動診断器 Vibro-Collector® MD-330 ポータブル振動診断器 Vibro-Collector® MD-330
ポータブル振動診断器 Vibro-Collector® MD-330 ポータブル振動診断器 Vibro-Collector® MD-330

特徴

小型軽量、わかりやすいインターフェイス

本体450g+プローブ180gの重量とボタン配置を工夫し、本体操作は片手で可能となりました。

小型軽量、わかりやすいインターフェイス 小型軽量、わかりやすいインターフェイス

IC-TAGリーダーライター機能

振動機器の情報はICタグへ事前登録(機器名称など)することで、計測時はかざすだけで情報の読み取りを行います。

IC-TAGリーダーライター機能 IC-TAGリーダーライター機能

固定振動数測定が簡単

共振現象などの異常解析に必要な回転機器の固有振動数を打撃加振法により測定できます。センサの信号が任意の設定レベルを超えると自動でFFT解析を開始します。

固定振動数測定が簡単
固定振動数測定が簡単

インバータモータノイズ処理機能

インバータモータは異常が無くてもインバータノイズの影響で、振動レベルが高くなり、レベル判定が難しくなります。解析ロジックでインバータノイズを処理した数値を表示し、異常有無を正しく判断することができます。

インバータモータノイズ処理機能
インバータモータノイズ処理機能

押圧一定の高感度プローブ

固定センサ並みの広帯域で安定した測定(補正方式採用)が可能です。30kHzまでの高周波数帯まで測定可能になり、軸受異常を早期検出します。

押圧一定の高感度プローブ
押圧一定の高感度プローブ

Vibro-Collector® MD-330 基本仕様

測定 加速度:1k~30kHz、速度:10~1kHz、変位:10~1kHz、ベアリング加速度:5k or 10k~ 30kHz、クレストファクタ:5k or 10k~30kHz ※周波数帯は高感度プローブ使用時 FFT手動・自動取得機能、生波形手動・自動取得機能
※前期モデルVibro-Collector®とデータ互換性があります。
傾向グラフ表示 振動値をメモリ保存し、傾向グラフを表示
FFT解析 加速度、速度、加速度エンベロープの同時解析
ライン数:800、1600、3200、6400 平均化回数:1、2、4、8 フィルタ、周波数レンジ可変
波形解析 加速度、速度、ベアリング加速度モードの同時計測
生波形保存計測時間:標準、2倍、4倍、8倍
トリガ解析 生波形レベルが一定値を超えた時点で解析
フィールドトレンド解析 振動値をリアルタイムにトレンド表示
メモ入力機能 測定点別に電圧、電流などの数値入力
詳細メモ機能 異常音の有無などメモ的な項目を保存
ルート測定 あらかじめ設定した順序で測定
システムチェック機能 バッテリ残量表示、メモリチェック
対応ピックアップ 高感度プローブ、固定センサ(MD-17)
出力 イヤホン
外径寸法 H170mm×W120mm×D30mm
重量 本体:450g、プローブ:180g
バッテリ ニッケル水素電池 単3型×4本(市販推奨品)連続動作:5時間程度
通信IF USB
使用環境/保護等級 0~40℃ IPX4相当

管理ソフトMachine Trend Master(MTM) 基本仕様

設定メニュー 機器台帳(測定点、測定方向、管理基準値など)、点検ルート設定
測定・解析メニュー 測定器への点検データ アップロード・ダウンロード
測定値一覧表示
傾向管理 モード別(振動・その他)傾向グラフ、位置、方向、機器の比較可能
3方向比較グラフ
解析 FFT、生波形、フィールドトレンド
その他 各データの出力機能(Excel、Csv)データベースファイル共有によるクライアント/サーバ型での使用
オプション ベアリングデータベース
インバータノイズ処理機能
必要スペック Windows10(32、64bit)

管理ソフトMachine Trend Master(MTM)表示例

  • 測定値一覧

    測定値一覧
  • 傾向グラフ

    傾向グラフ
  • 3方向比較グラフ

    3方向比較グラフ
  • フィールドトレンド

    フィールドトレンド
  • 生波形

    生波形
  • FFT解析

    FFT解析

遠隔自動診断(A-RMDs®)

Vibro-Collector® MD-330で測定されたデータを、管理ソフトMachine Trend Master(MTM)を介してインターネット上のA-RMDs®システムに送信することで、弊社サーバから解析報告書をダウンロードすることができます。
※ご利用には別契約が必要です。

遠隔自動診断(A-RMDs®) 遠隔自動診断(A-RMDs®)

関連製品

  • 無線ネットワーク型設備診断システム ニアライン® MD-910

    無線ネットワーク型設備診断
    システム ニアライン® MD-910

    詳細
  • 計画保全支援システム TMQ®

    計画保全支援システム TMQ®

    詳細