HEBEL HAUS

  • About HEBEL HAUS へ―ベルハウスの特徴
  • Lineup 商品ラインアップ・実例
  • Interior インテリア
  • Technology テクノロジー
  • Support カタログ・展示場

search

column

暮らしのコツ

TASK LIGHT LAMPS FOR ALL

TASK AND AMBIENT LIGHTING

家庭の電気照明の歴史はまだ100年くらい。

電球の発明者はエジソンだと思っている人は多いはず。でも最初に真空白熱電球をつくったのはイギリスの科学者ジョセフ・スワン卿です。1878年のことでした。当時はまだ電気エネルギーは普及しておらず、夜の闇はろうそくとガス灯で照らされていた時代です。スワン卿の電球に注目したオランダのフィリップス兄弟は、1891年に電球工場をオランダ中部のアイントホーフェンに設立し、電球の本格的な製造がスタートします。でも、この電球工場に電力会社から電気が供給されたのは1915年のこと。フィリップス兄弟は25年先の未来を先取りして電球をつくり続けていたのです。当時、電球による電気照明はホテルや高級店のための特別な装置で、一般家庭に電気照明が広がるのは第一次大戦後。家庭の電気照明の歴史はまだ100年程度しかありません。でも、この100年で電気照明は、電力でフィラメントを発光させる電球から、蛍光灯のような放電灯、さらには半導体の光のLEDや有機ELへと進化しています。

提灯の自由さを見直したい。

電気照明以前の長い人類の歴史の中では、夜の灯りは灯火が中心でした。古典アラビアンナイトに登場するアラジンの魔法のランプも、油が入ったティーポット形の器の口から灯芯を出して、火を灯して使われていたものです。一方、日本では江戸時代(17世紀)に提灯が庶民に普及し、紙が張り上がった提灯に、書き職人が家紋や屋号を書いて仕上げられ、和紙で拡散されたろうそくの炎が人々の暮らしを照らしていました。家紋が描かれた提灯の灯りは、その家人のための灯り。電源コードのいらない提灯は、灯りが必要な場所に自由に持ち運ぶことができて、持ち主の印が描かれたとてもパーソナルな灯りだったと考えられます。電気照明はスイッチだけで点灯でき、明るさも調整できて、裸火を使わない便利で安全な光ですが、ポータブル、パーソナルという点から見ると、かつての灯りの自由さは小さくなっているかもしれません。

今回紹介する「タスク照明」は、提灯やランプのように持ち運びできる照明器具です。消費電力が少ないLED照明の進化により、電源コードから解放され、充電して長く明るく使える器具も増えています。また、電源コード付きの照明器具でも、長いコードを巻き取る仕組みをデザインに取り入れた、移動できる照明器具がロングセラーになっています。灯りが必要な場所に自分の照明器具を持ち運び、必要十分な光量で「灯り」を使いこなすことは省エネにも効果があります。

light stand

MAYDAY(メーデー)/フロス

ドイツ人デザイナー、コンスタンチン・グルチッチによってデザインされ、2000年に発表された照明器具。2001年にイタリアで優れたデザインに贈られる「金のコンパス賞(コンパッソドーロ)を受賞。アメリカのニューヨーク近代美術館パーマネントコレクションにも選ばれた名作デザインです。取っ手に巻き付けられた電源コードの長さは4.8m。天井から吊るしたり、ベッドのヘッドボードに引っ掛けたり、床に置いたり、いろいろな使い方が考えられる多目的対応のデザインが特長です。

幅φ21.5×高さ53cm。重さ約750g 光源は60W電球
¥13,440 hhstyle.com

MAYDAY(メーデー)/フロス
LED持ち運びができるあかり/無印良品

LED持ち運びができるあかり/無印良品

無印良品のヒット商品「持ち運びができるあかり」のLEDバージョンです。ハンガー状の取っ手を持って行灯のように持ち運ぶことができて、さまざまな場所に引っ掛けてタスク照明として使うことができます。重さは500mlのペットボトルよりやや軽めの約485g。消費電力が少ないLEDを採用したおかげで、以前の蛍光灯モデルよりも点灯時間が長くなり、6時間の充電時間で、HIで約3時間、LOWなら約10時間の点灯ができます。

本体:幅11×奥行き7.1×高さ27.5cm、台:幅11.5×奥行き8.2×
高さ2.7cm。 本体重さ485g、充電台67g、ACアダプター約104g、
コードの長さ約1.7m 光源はハイパワー3W LEDを使用(電球色)
¥6,900 無印良品

LEDライトホタル/
IDEA LABEL(イデアレーベル)

幅・奥行きはCDとほぼ同サイズ。デスクに置いてタスク照明に、155gと軽量なので付属カラーバンドで吊り下げたり、懐中電灯のように使うこともできます。電源は繰り返し充電できるニッケル水素電池(単4形)、付属のUSBケーブルに接続して約5時間で充電は完了明るさは3段階で、全点灯モードでは4~5時間程度。トーチライトとして1灯だけの点灯なら約13時間の連続点灯が可能です。

本体:幅と奥行き12.1×高さ12.1cm。重さ155g。 光源はLEDを使用。
付属品:専用充電スタンド、USBケーブル(長さ15cm)、
スペアラバーバンド カラー/イエロー、グリーン、ホワイト
¥4,725 イデアインターナショナル

LEDライトホタル/IDEA LABEL(イデアレーベル)

「朝のひかり 夜のあかり」に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
 No reproduction or republication without written permission.

Latest Column