HEBEL HAUS

  • About HEBEL HAUS へ―ベルハウスの特徴
  • Lineup 商品ラインアップ・実例
  • Interior インテリア
  • Technology テクノロジー
  • Support カタログ・展示場

search

column

暮らしのコツ

TASK LIGHT LAMPS FOR ALL

光のかたち

「光は目に見えるもの」なのでしょうか

真っ暗な部屋で天井からレーザー光線で床面に向けて照射した時、レーザー光線の軌跡は見えると思いますか。答えは「見えません」。床面にはレーザーポインターのような光の点が現れますが、天井から床の間に光のラインを見ることはできません。でも、レーザー光線を照射している中空に、スモークや湯気があれば、光線は煙や水の粒子に乱反射して一筋の光の線が浮かび上がります。光の存在を知るには、その光が当たるもの、反射するものが必要です。これはレーザー光線だけではなく、照明の光線でも同じことが言えます。私たちは、光で照らされているモノを見て、そこに「光」があることに気づくのです。クルマのヘッドライトも、その先に照らされるモノがないと強い明るさは感じられないと思います。速度無制限の区間もあるドイツの高速道路アウトバーンには道路照明はありません。先行車のテールランプが見えない暗闇で200キロ近い速度でカーブをどう曲がるのか。ガイドとなるのはヘッドライトの反射光です。道路に沿って道端に反射板がいくつも立てられ、その反射光のラインがクルマを導いてくれるのです。床や壁を照らしたり、テーブルの上を照らしたり、開いている本の上を照らしたり、明かりが必要な場所に光を照射することで、人は明るさを感じて、適切な視覚が得られます。もちろん光源を直接見ると、光の存在は分かりますが、直射光のまぶしさは快いものではありません。不快なまぶしさは「グレア」と呼ばれ、照明器具の設計はグレアをいかに解消するかも大切なポイントになっています。

光のイメージ

私たちが光の形と感じているものは何でしょう。太陽や星、電球のような光源そのものフォルムや、光に照らされ浮かび上がった影を「光の形」と感じているのかもしれません。あるいは、暗闇から人を導くものや未来への希望など、もっと大きなイメージで捉えている場合もあるでしょう。今回紹介するのは、光の原初的な「形」を想起させる照明器具です。それはランプシェードそのものだったり、篝火や、太陽と月の形から連想されたデザインだったり、私たちの記憶にある「光」が宿ったデスクライト。光源のグレアをカットして、余計な光を漏らさず、必要な場所にだけに光を落とす、光の制御の基本となっているのが傘やシェードと呼ばれているパーツです。光源を包み込む円錐状のシェードとスタンドの支柱、その伝統的なフォルムから余計な装飾を廃して単純化したモダンデザインの器具は、これまでこのコラムでいくつか紹介してきました。イスラエル出身のデザイナー、ロン・ギラドのデザインはシンプルにするのではなく、逆に、豪華な装飾が施されたランプシェードを文化遺産のようにアクリルケースに収めたユニークな照明器具「MINI TECA」を一昨年発表しています。2種類のデザインにはそれぞれ「Renaissance Cupola(ルネサンスのクーポラ)」「Victorian Grandeur(ビクトリア調の偉観)」の名前が誇らしげにプレートに彫り込まれています。

light stand

ECLISSE/Artemide

イタリアデザインの巨匠、ヴィコ・マジストレッティが1967年にデザインした照明器具の復刻版です。名前の「エクリッセ」とは日蝕や月蝕のこと。ちなみに同名の仏伊合作映画の日本語タイトルは「太陽はひとりぼっち」(1962年)でした。シェードの黒いリングを回すと内側のシェードが回転して、丸い光の形が変化し、完全に覆うと金環食のような光のリングが現れます。

φ12×高さ17cm。光源はミニ球ホワイト25W×1。
付属インク4色。¥28,500 hhstyle.com

ECLISSE/Artemide
MINI TECA/FLOS

MINI TECA/FLOS

コラム内で紹介しているロン・ギラドの作品。写真は「Victorian Grandeur」。伝統的な歴史様式を連想させる装飾的なシェードを展示ケースに収めた照明器具です。シェードを透過する柔らかい光と、ケースのベース部分に反射する間接光が周囲を穏やかに照らし、同時にアクリルケースのエッジをシャープに際立たせます。ウイットに富んだデザインはギフトにもおすすめ。

幅・奥行き19×高さ32cm。光源はハロピンランプ25W(クリア110V G9)。
¥15,750。 Cassina Ixc. Design store

FALO table lamp S/
IXC. East by Eastwest

「ファロ」はイタリア語で篝火や灯台の意味。交差する3本の棒で支えた篝籠に火を灯し、夜の辻や陣地を照らした篝火、その最小限の要素で構成される灯りの形を採り入れた、ミニマムデザインの照明器具。邪魔な配線コードがフレームと一体化してスッキリ見えるのも特長のひとつ。ixc. East by Eastwest”のテーマ 「東洋の美意識とモダンデザインの融合」を体現するデザインだ。

φ13.5、幅14.5×奥行き15×高さ17cm。光源はハロピンランプ25W(G9)。
¥19,950。 Cassina Ixc. Design store

FALO table lamp S/IXC. East by Eastwest

「朝のひかり 夜のあかり」に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
 No reproduction or republication without written permission.

Latest Column