アパート経営・土地活用の知恵袋
用語辞典

消費者契約法しょうひしゃけいやくほう

専門知識のない「消費者の利益の擁護を図ること」を目的として制定。契約が結ばれても、消費者に一方的に不利益となる契約条項は、全部又は一部が「無効」になる。賃貸借契約では、この消費者契約法が適用され、原状回復の特約が無効となるケースもある。

用語辞典トップへ

ヘーベルメゾン実例見学会

Copyright (C) Asahi Kasei Homes Corporation.All rights reserved.

アパート経営・土地活用サイト。旭化成ホームズのヘーベルメゾン

旭化成グループでは、戸建て住宅のヘーベルハウスから、アパート経営・土地活用のヘーベルメゾン、分譲マンション、 分譲住宅、不動産流通事業、リフォーム、ファイナンス事業など、
多彩な視点で幅広い事業を展開しています。