HOME > 商品ラインナップ > ワークスペースのある賃貸住宅

ワークスペースのある賃貸住宅

ワークスペースのある賃貸住宅

在宅ワーク時代にふさわしい賃貸住宅を。

働き方が多様化する時代の住まいには、「くらす」と「働く」の両方が求められています。働き方が多様化する時代の住まいには、「くらす」と「働く」の両方が求められています。

長年、「くらし」を研究し続けてきた
ヘーベルメゾンは
常に時代の変化を捉え、
ニーズにこたえる商品を提案してきました。

そして今、働き方改革やIoT環境の進展によって
高まってきた
「自宅で働く」環境づくりのニーズは、
新型コロナウイルスの影響により一気に加速。
在宅ワークが当たり前となり、
入居者の在宅ワークスタイルも多様化しています。

住まいは、くらす場所から、
「くらす」と「働く」が融合する場所へ。

ヘーベルメゾンはこれまでの研究や実績を活かし、
多様なくらしと働き方にこたえる住まいを、
これからも提案していきます。

くらしノベーション研究所監修

賃貸入居者に聞いてわかった在宅ワークのホンネと実態。

入居者の実態

在宅ワークが定着し、賃貸住宅への要望が多様化。在宅ワークが定着し、賃貸住宅への要望が多様化。

  • 広いデスクや収納、
    設備
    など、
    働く環境を
    充実させたい。

  • 在宅時間が増えて
    家で3食とるので
    キッチンも重要。

  • オンとオフ、
    気持ちの切り替え
    メリハリがほしい。

調査概要:旭化成ホームズ株式会社くらしノベーション研究所実施 
調査時期:2020年4⽉ 調査⽅法:WEBアンケート
調査対象:⼀都三県+愛知・⼤阪、賃貸住宅居住、賃料8万円以上
(単⾝居住者は6万円以上)、有職、20歳以上69歳以下、全体n=4,608、在宅ワーク実施者・希望者n=1,837

【 今後ますます増える在宅ワークのニーズ 】

  • 今後もっと在宅ワーカーは増えると思う

  • 次に引っ越すなら
    在宅ワークがしやすい部屋を選びたい

くらしノベーション研究所

ひとのくらしからいえをつくる、くらしノベーション研究所

「くらし+イノベーション(革新)」。都市での多様なくらしを研究し、時代の変化を捉え、新しい価値とくらしを提案する総合研究所です。1980年から発足した「二世帯住宅研究所」や「共働き家族研究所」などを統括し、ライフスタイル提案を強化するため、2009年に旭化成ホームズにより設立されました。

ヘーベルメゾンからのご提案

ワークスペースのある賃貸住宅

3つのスタイルと設置空間を組み合わせ、
多彩なワークスペースを実現。

入居者が求める多様なワークスタイルと、
設置可能な場所を組み合わせることによって、
ワークスペースの豊富なプランバリエーションを
ご用意しました。
多彩なプランとアイデアで、
入居者に最適なワークスペースをご提案します。

OPEN STYLE

【 オープンスタイル 】

開放感あるワークスペースで、
自由に発想を広げる

リビングやダイニング・キッチンの一角に、
在宅ワークができるスペースを確保。
明るさと開放感を味わいながら、快適に作業ができます。
仕事の合間に家事をしたり、仕事以外の趣味の場としても使えます。
家族を見守りながら作業ができるのも特徴です。

PLAN:01

OPEN style x ダイニング・キッチンの場合

光と風を感じながら、
オンもオフも快適な住まい。

南北に光と風が通る気持ちの良いプラン。キッチンを挟みリビングと適度に離れた場所にワークスペースを設け、開放感を味わいながらも、落ち着いて作業ができます。デスク脇に設置した収納は、本や小物がスッキリとしまえます。

PICK UP IDEAS 01

文具や小物などの収納に
【 壁埋込収納 】

PICK UP IDEAS 02

仕事の合間も心地よく
【 光と風のLDK 】

SEMI-OPEN style

【 セミオープンスタイル 】

家族と仕事の間に生まれる、
ちょうどよさ。

リビングやダイニング・キッチンとゆるやかに繋がりながらも、
こもり感のある中で、作業に集中できるワークスペースを設置。
家族の気配を程よく感じられ、
家事とのバランスが取りやすいのが特徴です。

PLAN:02

SEMI-OPEN style x リビングの場合

ほどよい独立性で、
落ち着いて仕事をする。

腰壁によってゆるやかにリビングと仕切られたワークスペースは、明るく開放的。後ろを家族が通らないので、落ち着いて作業ができます。目線を上げることで、子どもの様子も見守れます。

PICK UP IDEAS 01

部屋の見通しと手元の集中、両方を確保する【 腰壁 】

腰壁高さ900mm
手元は隠しつつ周りの様子が見えるため、
子どもを見守りながら仕事ができます。
腰壁高さ1,100mm
ちょうど座った時の目線の高さとなるため、
視線が交わりにくく、作業に集中しやすくなります。

PRIVATE STYLE

【 プライベートスタイル 】

仕事と向き合う人のための、
スモールオフィス。

ワークスペースとしてLDKから独立した、プライベート空間を確保。
家族がくつろぐ空間と仕切られているため、
オンとオフのメリハリがつけやすく、TV会議にも集中できます。
収納棚も完備し、まさに小さなオフィスとして
機能するワークスペースです。

PLAN:03

PRIVATE STYLE X 寝室の場合

静かな空間で、
集中と発想の時間に。

個室として独立している寝室を、さらに間仕切ファニチャーで、ベッドスペースとワークスペースに分離。寝室というプライベートな部分を見せることなくTV会議に参加できます。

PICK UP IDEAS 01

空間を仕切って収納もできる
【 間仕切ファニチャー 】

PICK UP IDEAS 02

自宅での食事機会の増加に
【 パントリー 】

ここが違う!へーベルメゾンのこだわりここが違う!へーベルメゾンのこだわり

  • ヘーベルメゾンのワークスペースノウハウ

    単にデスクがあるだけではありません。作業がしやすく、整理がしやすい、仕事がはかどる工夫がそこにあります。

  • 【 十分なデスクサイズ 】

    デスク幅900mm以上を採用。PCの作業スペースはもちろん、資料やタブレットも置ける広さです。

  • 【 背面の動線スペース 】

    作業中でも人が通れるように、デスクの後ろ側は1,000mm以上のスペースを確保。

  • 【 使いやすいコンセント位置 】

    足元だけでなく、デスク上部にもコンセントを配置。電源を確保しやすく、配線もスッキリです。

  • 【 影になりにくい照明 】

    作業時に手元が暗くならないよう、照明の位置を配慮。電球は文字の読みやすい昼光色をご用意します。

  • 【 資料が片付く収納 】

    木製棚、壁埋込収納、棚板・棚受セットなどの収納アイテムを設置。資料や文具の収納場所を確保します。

PLUS IDEA

  • 1 FLOW PLANNING

    帰宅してすぐに、
    手を洗える動線設計。

  • 2 STORAGE

    エントランスも
    タッチレスで安心。

  • 3 BALCONY

    広めのバルコニーで
    気持ちを切り替え。

リモート土地活用

Copyright (C) Asahi Kasei Homes Corporation.All rights reserved.

アパート経営・土地活用サイト。旭化成ホームズのヘーベルメゾン

旭化成グループでは、戸建て住宅のヘーベルハウスから、アパート経営・土地活用のヘーベルメゾン、分譲マンション、 分譲住宅、不動産流通事業、リフォーム、ファイナンス事業など、
多彩な視点で幅広い事業を展開しています。