HOME > 商品ラインナップ > コミュニティ賃貸 > プラスわんプラスにゃん

プラスわんプラスにゃん

プラスわんプラスにゃん ペット共生型賃貸住宅 15YEARS since2006

ペットと共に生きる住まい
それは、賃貸住宅に求められる新しいカタチ

「ペットを飼う」のではなく、「ペットと共に生きる」。
ペット共生型賃貸住宅「ヘーベルメゾン+わん+にゃん」は、入居者がペットと暮らすことを前提に、さまざまな工夫を凝らした賃貸住宅です。
現代の入居者ニーズをとらえ、長期安定経営を実現できる新しい賃貸住宅のカタチです。

ニーズがあり、高い入居率が期待できる

近年、ペットの存在は、人の暮らしと密接に関わり、人に癒しや活力を与えるパートナーのような存在になってきています。

また、犬・猫の飼育数は14歳以下の子どもの数より多く、ペットを飼ってみたいという賃貸居住者も高い割合です。

この市場ニーズに対し、ペットと快適に住める賃貸住宅はまだまだ不足しているのが現状です。

◆ ペットを飼いたいのに、飼えない人が大勢いる

ペットを飼っていない賃貸居住者に今後ペットを飼ってみたいか聞いたところ、半数以上の人が「飼ってみたい」と回答しました。しかし、その人たちがペットを飼えないのは「ペット不可の住宅なので」が最も多い理由でした。

出典:旭化成ホームズ株式会社「ペット飼育可能な賃貸集合住宅に関する調査」2016年1月

◆ 供給の少ない、ペットが飼える賃貸物件

ペットを飼いたい方がたくさんいる一方、ペット飼育可の築5年以内の賃貸物件は、入居募集された全賃貸物件のわずか数%と非常に低い割合でした。

ヘーベルメゾン「+わん+にゃん」が選ばれる理由
〜2021年に誕生から15周年を迎えました!〜

2021年に誕生から15周年を迎えたヘーベルメゾン「+わん+にゃん」を、さまざまなデータと入居者の方の声でご紹介します。

◆ 「+わん+にゃん」管理戸数

「+わん+にゃん」の管理戸数は伸び続けています。

◆ 「+わん+にゃん」入居者の声

ヘーベルメゾン「+わん+にゃん」の入居者はどんな人?

ペット飼育者のお部屋探しは一般的に「ペット可」で物件を探すことが多い中、「+わん+にゃん」の入居者は「ペット共生」を検討した人が約6割。「ペットを飼う」のではなく、「ペットと共に暮らす」意識の高い方たちです。

入居者は何を重視してお部屋を選んだの?

ペットのことを優先して考え選ばれています。
「+わん+にゃん」の入居者はペットにとってよい環境であることを優先するほか、ペット専用の設備や他の入居者もペットを飼っていることなど、ペット共生型ならではの要素を重視しています。

入居者はヘーベルメゾン「+わん+にゃん」の暮らしに満足しているの?

多くの入居者が大変ご満足くださっています。
「今の住まいにしてよかった」と回答された方が9割以上。入居者の満足度は非常に高いという結果が出ています。「今後も住み続けたい」と回答されている方も多く、次のお住まいも「+わん+にゃん」で、というお声もいただきます。

具体的には、どんなところに満足しているの?

「+わん+にゃん」の最大の特長である他の入居者も『マナーがよい』『ペットを飼っている』という回答の他、ヘーベルメゾンの特長である構造や間取りへの満足度も高い結果となっています。

長期安定経営を実現するのは、
へーベルメゾンのぺット共生型賃貸住宅という選択です。

ヘーベルメゾン「+わん+にゃん」は、入居者がペットと安心して暮らせる設備・仕様を備え、さらに、独自の入居者向けフォローやサービスが充実。快適な住み心地が継続され、長期安定経営を実現します。

15周年記念!人とペットが豊かに暮らせるヘーベルメゾン「+わん+にゃん」の商品・実績がわかる資料パックを進呈 ご請求はこちらから

15周年記念!人とペットが豊かに暮らせるヘーベルメゾン「+わん+にゃん」の商品・実績がわかる資料パックを進呈 ご請求はこちらから

ヘーベルプラザゼミ

Copyright (C) Asahi Kasei Homes Corporation.All rights reserved.

アパート経営・土地活用サイト。旭化成ホームズのヘーベルメゾン

旭化成グループでは、戸建て住宅のヘーベルハウスから、アパート経営・土地活用のヘーベルメゾン、分譲マンション、 分譲住宅、不動産流通事業、リフォーム、ファイナンス事業など、
多彩な視点で幅広い事業を展開しています。