アパート経営・土地活用の知恵袋
用語辞典

相続時精算課税制度そうぞくじせいさんかぜいせいど

相続税と贈与税が一体化された制度。2003年度税制改正で創設され、現行の贈与税と選択ができる。非課税枠は2500万円(住宅取得の場合は 3500万円)。枠を超えた部分については一律20%の税率をかけ贈与税を支払い、相続時に贈与財産と相続財産を合算し相続税を決定する。

用語辞典トップへ

関連コンテンツ
ヘーベルメゾン実例見学会

Copyright (C) Asahi Kasei Homes Corporation.All rights reserved.

アパート経営・土地活用サイト。旭化成ホームズのヘーベルメゾン

旭化成グループでは、戸建て住宅のヘーベルハウスから、アパート経営・土地活用のヘーベルメゾン、分譲マンション、 分譲住宅、不動産流通事業、リフォーム、ファイナンス事業など、
多彩な視点で幅広い事業を展開しています。