HOME > アパート経営・土地活用の知恵袋 > 土地と住まいの税金講座 > 給与所得と不動産所得がある場合の申告方法は?
土地と住まいの税金講座
所得税と確定申告

給与所得と不動産所得がある場合の申告方法は?

給与分の所得と不動産所得分を合算し、確定申告をします。

年間所得が一定額を超える人は、所得税の確定申告をすることが義務付けられています。
ただし給与所得がある人で、アパート経営による不動産所得が20万円以下の場合は、確定申告をしなくてもよいことになっています。

申告の注意点

所得はすべて合算して納税することが原則です。
給与所得は会社が税額を計算し、申告・納税済みですが、申告用紙に給与分の所得と不動産所得、源泉徴収票にある「給与所得控除後の金額」を記入して税額を計算し直します。
求めた税額からすでに支払ってある源泉徴収税額は、差し引いて申告します。

ヘーベルメゾン実例見学会

Copyright (C) Asahi Kasei Homes Corporation.All rights reserved.

アパート経営・土地活用サイト。旭化成ホームズのヘーベルメゾン

旭化成グループでは、戸建て住宅のヘーベルハウスから、アパート経営・土地活用のヘーベルメゾン、分譲マンション、 分譲住宅、不動産流通事業、リフォーム、ファイナンス事業など、
多彩な視点で幅広い事業を展開しています。