土地と住まいの税金講座
所得税と確定申告

確定申告に必要な帳簿類は?

現金出納帳・預金出納帳・収入帳(売上帳)・経費帳・固定資産台帳です。

不動産所得は、以下の帳簿を元に、年末に決算書(損益計算書)を作成し、確定申告が必要です。帳簿は各月ごとに締め「月別集計表」として用意し、収入と経費のそれぞれを記入します。

  • 現金出納帳
  • 預金出納帳
  • 収入帳(売上帳)
  • 経費帳
  • 固定資産台帳

これらの帳簿の月別集計表を元に、「決算書(不動産所得用)」を作成し、それに基づき「確定申告書」を作成します。

減価償却費について
固定資産台帳でその年の償却費を計算しておくことと、必要に応じて収入・経費の決算修正を行わなければなりません。

Q減価償却の計算方法とは?
Q建物の法定耐用年数は?
もご参照ください。

●「65万円の青色申告特別控除」を受けるためには、次の2つの要件を満たす必要があります。

(1)事業的規模で経営し、正規の簿記(複式簿記)の原則により記帳を行い、かつ確定申告書類に貸借対照表および損益計算書を添付し、申告期限内に提出した場合
(2)e-Taxによる電子申告か電子帳簿保存法を適用している場合

上記(1)のみの場合は55万円。両方の要件を満たしていない場合は10万円になります。複式簿記の帳簿については、会計ソフトを活用するか税理士に相談するとよいでしょう。

ヘーベルメゾン実例見学会

Copyright (C) Asahi Kasei Homes Corporation.All rights reserved.

アパート経営・土地活用サイト。旭化成ホームズのヘーベルメゾン

旭化成グループでは、戸建て住宅のヘーベルハウスから、アパート経営・土地活用のヘーベルメゾン、分譲マンション、 分譲住宅、不動産流通事業、リフォーム、ファイナンス事業など、
多彩な視点で幅広い事業を展開しています。