ISO規格

品質方針

旭化成テクノシステムの品質方針は、『継続的な技術、品質の向上とニーズに応じた製品、サービスの提供にてお客様からの評価を高める』です。

品質目標

1.各々の技能を磨き、施策を着実に実行する強い組織の実現
2.組織課題、目標を明確にした業務効率化による生産性向上
3.市場・顧客要求や環境変化への自発的な適応

製品安全基本方針

1.全ての事業活動段階で、以下の製品安全に関する方針の徹底を図ります。
顧客の信頼と満足が得られる、より優れた、より安全な製品の創出を通じて、人間の幸福と社会の発展に寄与します。
(1) 顧客の立場で商品を開発します。
(2) 技術を錬磨し品質管理を徹底して、ものづくりをします。
(3) 製品を正しく安全に使って頂く営業活動を実施します。
(4) 改善と技能・技術の向上により、作業効率を高めます。
2.製品がその効用を終え、廃棄される迄、すべての段階における環境と安全に与える影響を配慮します。

国際規格の認証状況

当社は、品質マネジメントシステムの国際規格であるISO9001の認証を1999年に取得しています。

環境

環境維持管理項目

1.電気使用量を200MWh以下にする
2.A4コピー用紙使用量を35万枚以下にする

国際規格の認証状況

当社は、品質マネジメントシステムの国際規格であるISO14001の認証を2005年に取得しています。