HOME > アパート経営・土地活用の知恵袋 > 土地と住まいの税金講座 > 住宅ローン控除でどのぐらい控除できるか?
土地と住まいの税金講座
不動産の取得にかかる税金

住宅ローン控除でどのぐらい控除できるか?

年末ローン残高の0.7%を13年間、所得税から控除できます。

住宅ローン控除(住宅借入金等特別控除)は、住宅ローンを組んでマイホームを新築・購入、または一定の増改築をした場合に、所得税から一定額が控除できる制度です。

<2022年度税制改正>
期限が4年間延長され、控除額などが改正されました。

●住宅ローン控除の概要

新制度(2022年度以降) 旧制度
居住開始 2025年12月31日まで 2021年12月31日まで
控除率 0.7% 1.0%
控除期間(新築住宅) 原則13年 原則10年(特例13年)
控除期間(中古住宅) 10年間 10年間
住宅借入金等の年末残高の限度額 3,000万円 ※ 4,000万円
所得上限 2,000万円 3,000万円

※カーボンニュートラル実現の観点から、認定住宅、ゼロエネルギーハウス(ZEH)など住宅の種類によって、細かく借入限度額等が設定されています。(下表参照)

●新築住宅の借入限度額

住宅の種類 入居年 借入限度額 年間最大
控除額
控除期間 控除率
認定住宅
(長期優良住宅など)
2022年、
2023年
5,000万円 35万円 13年 0.7%
2024年、
2025年
4,500万円 31.5万円
ZEH水準
省エネ住宅
2022年、
2023年
4,500万円 31.5万円
2024年、
2025年
3,500万円 24.5万円
省エネ基準
適合住宅
2022年、
2023年
4,000万円 28万円
2024年、
2025年
3,000万円 21万円
その他の
一般住宅
2022年、
2023年
3,000万円 21万円
2024年、
2025年
2,000万円 14万円 10年
<中古住宅の場合>
「その他の一般住宅」の借入限度額は、一律2,000万円
「認定住宅、ゼロ・エネルギーハウス、省エネ基準適合住宅」の借入限度額は、一律3,000万円
控除期間はいずれの住宅も一律10年間
ヘーベルメゾン実例見学会

Copyright (C) Asahi Kasei Homes Corporation.All rights reserved.

アパート経営・土地活用サイト。旭化成ホームズのヘーベルメゾン

旭化成グループでは、戸建て住宅のヘーベルハウスから、アパート経営・土地活用のヘーベルメゾン、分譲マンション、 分譲住宅、不動産流通事業、リフォーム、ファイナンス事業など、
多彩な視点で幅広い事業を展開しています。