HOME > アパート経営・土地活用の知恵袋 > 土地と住まいの税金講座 > どのような場合に相続税がかかりますか?
土地と住まいの税金講座
相続税と贈与税

どのような場合に相続税がかかりますか?

遺産に係る基礎控除額より遺産総額が多い時には相続税がかかります。

相続税の基礎控除額は、定額控除額(3,000万円)と、相続人の数によって金額が変わる比例控除額(600万円 × 法定相続人の数)を合計したものです。

遺産に係る基礎控除額 = 3,000万円 +(600万円 × 法定相続人の数)
  • ※相続開始前3年以内の贈与は、その財産の相続税の課税対象として相続税を課税されます。(生前贈与加算)
  • 贈与税の配偶者控除 を受けた(または受ける予定)財産は加算されません。
  • ※配偶者には税額軽減があり、課税対象となる遺産額が1億6,000万円まで、または1億6,000万円を超えても、配偶者の法定相続分までであれば、相続税が課税されません。遺産の配分は、二次相続も考慮した上で検討する必要があります。
リモート土地活用

Copyright (C) Asahi Kasei Homes Corporation.All rights reserved.

アパート経営・土地活用サイト。旭化成ホームズのヘーベルメゾン

旭化成グループでは、戸建て住宅のヘーベルハウスから、アパート経営・土地活用のヘーベルメゾン、分譲マンション、 分譲住宅、不動産流通事業、リフォーム、ファイナンス事業など、
多彩な視点で幅広い事業を展開しています。