旭化成メディカル
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大
  • ホーム
  • 私たちの取り組み
  • ニュース
  • 製品紹介
  • 会社案内
  • 医療・製薬関係者の皆さま
  • 患者さま・ご家族の皆さま

術後肝不全 (post-operative hepatic failure)

術後肝不全の概要

外科手術後に何らかの原因で肝細胞の機能が低下して、肝臓の働きを果たせなくなったために、種々の代謝障害によるさまざまな症状をきたした状態を術後肝不全といいます。

輸血によるものや、薬剤による肝障害、術後の感染症などによるものがあります。肝臓は、消化管から吸収された栄養物の代謝のほか、血液中のアルブミンや血液凝固因子などのタンパク質の合成、アンモニア代謝、および薬物・異物の代謝・解毒・排泄など、生命の維持に必要な多くの働きを担っています。

肝不全の状態になると、人体に有害な物質であるアンモニアを尿素に変えて排泄できなくなるため、血液中のアンモニアの量が増えて、肝性昏睡(肝性脳症ともいう)といわれる意識障害をおこします。

また血液中のビリルビンを胆汁として排泄できなくなるため、血液中のビリルビン値が高くなって黄疸(眼球や皮膚が黄色くなる)という症状をきたすなど、肝臓の代謝障害によるさまざまな症状を呈します。

術後肝不全の治療について

治療は、中心静脈栄養(大静脈内にカテーテルを入れて、無菌的に栄養剤を補給する)などによる栄養管理に加えて、肝臓の再生、修復が得られるまでの肝機能補助の目的で、血漿交換療法や持続緩徐式血液濾過が行われることがあります。

お問い合わせ

弊社に関するご質問はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

医療従事者の方へ

医療・製薬関係者の皆さま

私たちが携わる疾患に適応できる治療法や保険適用に関する情報については、医療従事者専用サイトからご確認いただけます。

医療・製薬関係者の皆さま
病気の治療方法や弊社の医療機器の治療効果、副作用に関するお問い合わせに対しましては、法律の制限でご回答を差し上げられません。医療機関にご相談いただきますようお願い致します。

ページの先頭に戻る