旭化成メディカル
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大
  • ホーム
  • 私たちの取り組み
  • ニュース
  • 製品紹介
  • 会社案内
  • 医療・製薬関係者の皆さま
  • 患者さま・ご家族の皆さま

川崎病 (Kawasaki disease)

川崎病の概要

川崎病は全身の血管に炎症を起こす病気で、おもに乳幼児に多くみられます。多くは1~2週間で症状は治まりますが、1か月程度長引くこともあり、炎症が強い時は脇や足の付け根の血管に瘤ができる場合があります。心臓の血管での炎症により冠動脈瘤などの後遺症を残すことがあります。原因はまだわかっていません。
主な症状は以下の6つです。

・5日以上高熱が続く
・手足の先が赤くなり硬く腫れる
・体に赤い発疹ができる
・目が赤くなる
・口唇が赤くなり、イチゴ舌になり、口の中やのどの粘膜が赤く腫れる
・頸部リンパ節が腫れる

川崎病について

通常免疫グロブリンと消炎鎮痛剤の併用療法を行います。
この療法が無効な場合又は適応とならない場合には血漿交換療法が用いられることがあります。

お問い合わせ

弊社に関するご質問はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

医療従事者の方へ

医療・製薬関係者の皆さま

私たちが携わる疾患に適応できる治療法や保険適用に関する情報については、医療従事者専用サイトからご確認いただけます。

医療・製薬関係者の皆さま
病気の治療方法や弊社の医療機器の治療効果、副作用に関するお問い合わせに対しましては、法律の制限でご回答を差し上げられません。医療機関にご相談いただきますようお願い致します。

ページの先頭に戻る