旭化成メディカル
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大
  • ホーム
  • 私たちの取り組み
  • ニュース
  • 製品紹介
  • 会社案内
  • 医療・製薬関係者の皆さま
  • 患者さま・ご家族の皆さま

多発性硬化症(MS) (multiple sclerosis)

多発性硬化症(MS)の概要

脳や脊髄などの中枢神経系の髄鞘(神経の表面をおおっているカバー)が破壊されて発症するもので、自己免疫疾患の一つと考えられています。

視力の低下、ものが二重に見える(複視)、眼球がふるえる(眼球振盪)、目の痛みなどの症状のほか、手足がしびれる、手足に力が入らない、大小便の排泄困難や失禁、めまい、しゃべりにくい、ものが飲み込みにくいなど、いろいろな場所に多種多様な症状がみられます。

症状が強く現れたり(増悪期),病状が和らいだり(緩解期)を繰り返しながら次第に進行していきます。その原因については明らかになっていませんが、何らかの原因で免疫反応に異常がおこり、脳や脊髄などの中枢神経系の髄鞘を攻撃する抗体が出来るためと考えられています。

多発性硬化症(MS)の治療について

ステロイド薬のパルス療法が基本となります。対症療法として、カルマバゼピンなどの抗痙攣薬が用いられることもあります。また、血液中に存在する髄鞘を攻撃する抗体や関連因子などを除去する目的で血漿交換療法が用いられることがあります。

お問い合わせ

弊社に関するご質問はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

医療従事者の方へ

医療・製薬関係者の皆さま

私たちが携わる疾患に適応できる治療法や保険適用に関する情報については、医療従事者専用サイトからご確認いただけます。

医療・製薬関係者の皆さま
病気の治療方法や弊社の医療機器の治療効果、副作用に関するお問い合わせに対しましては、法律の制限でご回答を差し上げられません。医療機関にご相談いただきますようお願い致します。

ページの先頭に戻る