旭化成メディカル
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大
  • ホーム
  • 私たちの取り組み
  • ニュース
  • 製品紹介
  • 会社案内
  • 医療・製薬関係者の皆さま
  • 患者さま・ご家族の皆さま

重度血液型不適合妊娠 (severe blood type incompatible pregnancy)

重度血液型不適合妊娠の概要

母親と胎児との血液型が異なり、母体の血液中に胎児の赤血球に対する抗体が存在している場合を血液型不適合妊娠といいます。

臨床的に問題となるのは、多くがABO式血液型よりもRh式血液型によるもの(Rh式血液型不適合妊娠)であり、母親の血液型がRh(-)で、胎児の血液型がRh(+)の場合に、胎児が極度の貧血になり、新生児に重い黄疸がおこる可能性があります。Rh(+)の赤血球に対する抗体は、分娩時あるいは妊娠中絶手術時などの際にRh(+)の胎児の血液が母体内へ侵入することにより母体内に作られます。

そしてその後の妊娠の際に、その抗体が胎児に移行し、それが胎児の赤血球を破壊(溶血)してしまいます。そのために胎児は貧血になり、また出産後にビリルビンという物質が血液中に増加して新生児に黄疸(新生児溶血性黄疸)が出てしまいます。

重度血液型不適合妊娠の治療について

治療は、妊娠週数によって異なります。通常、早期に出産させて交換輸血を行うか、子宮内胎児輸血が行われますが、母体の血漿中の抗体を除去して胎児の赤血球の溶血を防止する目的で、血漿交換療法が用いられることがあります。

お問い合わせ

弊社に関するご質問はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

医療従事者の方へ

医療・製薬関係者の皆さま

私たちが携わる疾患に適応できる治療法や保険適用に関する情報については、医療従事者専用サイトからご確認いただけます。

医療・製薬関係者の皆さま
病気の治療方法や弊社の医療機器の治療効果、副作用に関するお問い合わせに対しましては、法律の制限でご回答を差し上げられません。医療機関にご相談いただきますようお願い致します。

ページの先頭に戻る