旭化成メディカル
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大
  • ホーム
  • 私たちの取り組み
  • ニュース
  • 製品紹介
  • 会社案内
  • 医療・製薬関係者の皆さま
  • 患者さま・ご家族の皆さま

ギラン・バレー症候群(GBS) (Guillain-Barre syndrome)

ギラン・バレー症候群(GBS)の概要

末梢の運動神経に障害がおこり、急に手足のしびれや筋力が低下して手足が動かなくなる(四肢の運動麻痺)などの症状を呈するもので、多くの場合、発病の1~2週前に、先行してかぜの症状や下痢などの症状を伴います。

原因としては、先行して感染を起こした病原体(抗原)に対する抗体ができた後に、たまたまその抗体が同時に末梢の運動神経を攻撃してしまうことによるものと考えられています。

顔面神経麻痺や感覚障害あるいは脳神経麻痺を伴うこともあり、さらには呼吸筋麻痺(呼吸筋の筋力が低下して呼吸が出来なくなる)をきたすこともあります。

ギラン・バレー症候群(GBS)の治療について

ギラン・バレー症候群に有効な治療法として、血液中に存在する末梢神経を攻撃する抗体や関連因子などを除去する目的で、血漿交換療法が用いられることがあります。また、免疫グロブリン大量療法が行われることもあります。呼吸筋麻痺に対しては人工呼吸管理が行われます。

お問い合わせ

弊社に関するご質問はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

医療従事者の方へ

医療・製薬関係者の皆さま

私たちが携わる疾患に適応できる治療法や保険適用に関する情報については、医療従事者専用サイトからご確認いただけます。

医療・製薬関係者の皆さま
病気の治療方法や弊社の医療機器の治療効果、副作用に関するお問い合わせに対しましては、法律の制限でご回答を差し上げられません。医療機関にご相談いただきますようお願い致します。

ページの先頭に戻る