旭化成メディカル
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大
  • ホーム
  • 私たちの取り組み
  • ニュース
  • 製品紹介
  • 会社案内
  • 医療・製薬関係者の皆さま
  • 患者さま・ご家族の皆さま

難治性腹水症 (refractory ascites)

難治性腹水症の概要

お腹にある臓器をつつむ膜(腹膜)のすきま(腹腔)には、通常20~50mLの水が入っていますが、さまざまな病気の影響で通常よりたくさんたまった水、または状態を腹水といいます。

難治性腹水の治療について

腹水の治療には、安静を保ったり、水分・塩分制限を行う一般的治療と、利尿薬やアルブミン製剤による薬物療法があります。利尿薬治療に抵抗したり、副作用のために利尿薬の増量が困難な腹水の症状を、難治性腹水症といいます。

難治性腹水症の治療には、腹水穿刺排液(お腹に針を刺して腹水を抜く方法)とアルブミン製剤を補充する方法や、腹膜頸静脈シャント術(腹腔と静脈をつないで腹水を静脈に流す方法)、腹水濾過濃縮再静注法(CART)などが用いられます。

疾患情報サイト

以下のWebサイトでは腹水濾過濃縮再静注法(CART)の詳しい情報提供を行っています。

難治性腹水症に対する腹水濾過濃縮再静注法

難治性腹水症に対する腹水濾過濃縮再静注法

難治性腹水症に対する腹水濾過濃縮再静注法について

お問い合わせ

弊社に関するご質問はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

医療従事者の方へ

医療・製薬関係者の皆さま

私たちが携わる疾患に適応できる治療法や保険適用に関する情報については、医療従事者専用サイトからご確認いただけます。

医療・製薬関係者の皆さま
病気の治療方法や弊社の医療機器の治療効果、副作用に関するお問い合わせに対しましては、法律の制限でご回答を差し上げられません。医療機関にご相談いただきますようお願い致します。

ページの先頭に戻る