旭化成メディカル
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大
  • ホーム
  • 私たちの取り組み
  • ニュース
  • 製品紹介
  • 会社案内
  • 医療・製薬関係者の皆さま
  • 患者さま・ご家族の皆さま

巣状糸球体硬化症	(FGS) (focal glomerular sclerosis)/ (FSGS) (focal segmental glomerular sclerosis)

巣状糸球体硬化症	(FGS) / (FSGS)の概要

腎臓の糸球体の一部に硬化性の病変がみられる病気で、多くの場合、ネフローゼ症候群といわれる症状を示し、進行性の腎機能低下を示す病後の経過の良くない疾患です。

ネフローゼ症候群では、全身の浮腫(むくみ)や、タンパク尿(尿中に大量のタンパクがもれ出る)がみられるほか、血液中のタンパク質濃度が低下したり(血液中のタンパク質が尿中にもれ出るための低タンパク血症)、血液中のコレステロールが増える(高脂血症)などの症状を呈します。

巣状糸球体硬化症	(FGS) / (FSGS)の治療について

ステロイド薬の内服が基本治療となりますが、効果が得られない場合、ステロイド薬のパルス療法や免疫調節薬の追加が行われます。高血圧を合併する場合はアンジオテンシン変換酵素阻害薬やアンジオテンシン受容体拮抗薬 が投与されます。

薬物療法で効果が得られない場合、血漿中のLDLコレステロールや病気の原因と考えられる免疫グロブリンIgMや補体C3などを除去する目的で、血漿交換療法が用いられることがあります。

お問い合わせ

弊社に関するご質問はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

医療従事者の方へ

医療・製薬関係者の皆さま

私たちが携わる疾患に適応できる治療法や保険適用に関する情報については、医療従事者専用サイトからご確認いただけます。

医療・製薬関係者の皆さま
病気の治療方法や弊社の医療機器の治療効果、副作用に関するお問い合わせに対しましては、法律の制限でご回答を差し上げられません。医療機関にご相談いただきますようお願い致します。

ページの先頭に戻る