旭化成メディカル
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大
  • ホーム
  • 私たちの取り組み
  • ニュース
  • 製品紹介
  • 会社案内
  • 医療・製薬関係者の皆さま
  • 患者さま・ご家族の皆さま

同種肝移植 (Liver Allotransplantation)

同種肝移植の概要

肝臓の働きが低下して、肝不全になった人に、他の人の肝臓を移植することを同種肝移植といいます。肝臓の移植には脳死肝移植と生体部分肝移植があります。

肝移植では、自分のものではない組織(肝臓)を移植するため、異物として肝臓を攻撃し排除しようとする拒絶反応が起こります。

これを防止するためには、肝臓を提供する人(肝臓提供者、ドナー)と肝臓をもらう人(受肝者、レシピエント)との間のABO血液型の適合と白血球の型(HLA抗原)ができるだけ一致することが望ましいとされています。

C型慢性肝炎の治療について

ABO血液型不適合間の肝移植またはリンパ球抗体陽性の肝移植において、移植前に抗A抗B抗体の除去および抗リンパ球抗体の除去の目的で、血漿交換療法が用いられます。

また、肝移植後の急性拒絶反応を予防・治療するため免疫抑制剤が使用されますが、急性拒絶反応の治療として血漿交換療法が用いられることがあります。

お問い合わせ

弊社に関するご質問はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

医療従事者の方へ

医療・製薬関係者の皆さま

私たちが携わる疾患に適応できる治療法や保険適用に関する情報については、医療従事者専用サイトからご確認いただけます。

医療・製薬関係者の皆さま
病気の治療方法や弊社の医療機器の治療効果、副作用に関するお問い合わせに対しましては、法律の制限でご回答を差し上げられません。医療機関にご相談いただきますようお願い致します。

ページの先頭に戻る