旭化成メディカル
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大
  • ホーム
  • 私たちの取り組み
  • ニュース
  • 製品紹介
  • 会社案内
  • 医療・製薬関係者の皆さま
  • 患者さま・ご家族の皆さま

悪性関節リウマチ(MRA) (malignant rheumatoid arthritis)

悪性関節リウマチ(MRA)の概要

関節リウマチは、全身性の病気であり、全身の関節に炎症(関節炎)がおこり、長い年月をかけて徐々に進行しますが、この関節リウマチのなかで,全身の血管に炎症(血管炎)を伴う場合を特に悪性関節リウマチと呼びます。

悪性関節リウマチでは、関節の腫れや痛みなどの激しい関節炎の症状とともに、関節以外にも、肺、腎、心臓、神経、目などに血管炎に伴うさまざまな症状が現れます。

手足のしびれや麻痺、皮膚の血管の梗塞や皮膚の潰瘍、手足の指の壊疽(えそ=組織の一部が死んで黒色化した状態)、目の充血、心膜炎、心筋梗塞、肺炎、腎障害などさまざまな症状を示し、生命にかかわる場合もあります。

血液検査では、血清中のリウマチ因子(免疫グロブリンIgGに対する抗体)が強陽性を示し、体内の炎症反応を示すCRP(C反応性たんぱく)や血沈(赤血球沈降速度)が高い値を示すほか、白血球数が増えるなど各種の免疫異常が現れます。

悪性関節リウマチ(MRA)の治療について

それまでの抗リウマチ薬による関節リウマチ自体の治療を継続することが基本となります。加えて、悪性関節リウマチの治療として、ステロイド薬、免疫抑制剤、D-ペニシラミン、抗凝固剤などがあり、そのほか血漿中のリウマチ因子およびその反応物(免疫複合体)を除去して症状を改善する目的で血漿交換療法が行われることもあります。

お問い合わせ

弊社に関するご質問はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

医療従事者の方へ

医療・製薬関係者の皆さま

私たちが携わる疾患に適応できる治療法や保険適用に関する情報については、医療従事者専用サイトからご確認いただけます。

医療・製薬関係者の皆さま
病気の治療方法や弊社の医療機器の治療効果、副作用に関するお問い合わせに対しましては、法律の制限でご回答を差し上げられません。医療機関にご相談いただきますようお願い致します。

ページの先頭に戻る