solution

工業用水

  1. HOME
  2. ソリューション
  3. 工業用水
マイクローザは業界トップクラスの実績を有しており、日々お客様の課題解決に貢献
  • 工業用水
  • 分離技術

マイクローザは業界トップクラスの実績を有しており、日々お客様の課題解決に貢献

高度な工業用水の精製には、膜ろ過は必要不可欠な技術であり、純水製造時や排水リサイクルなどで使用されるRO膜の前処理や、超純水や医薬用水の精製プロセスで、マイクローザMF/UFは数多く採用。

工業用水分野のこのような課題に応えています。

凝集剤の使用量を減らしたい、
用水精製に凝集剤を使用したくない

浄水汚泥の発生を減らしたい

水処理設備の能力見直しを行いたい
(拡張、スケールダウンをしたい)

生産の歩留まりの改善のため、
工場で使用する用水の水質改善をしたい

工業用水から工場で使用する
水道水
を確保したい

省スペースにしたい

既存の膜ろ過設備の流量が維持できない

既存の膜の交換コストが高い、
または頻度が多く困っている

RO膜の寿命が短い、
適切なRO膜の前処理を検討したい

海水から淡水を作り、
工業用水として使わなければならない

超純水を製造したい

工業用水分野の課題や問題

従来法(凝集沈殿や砂ろ過)での水質が十分でない、RO膜の交換頻度が多く運転コストが高い。

凝集剤を使用する場合、汚泥も発生するため、産廃費用が高くつく。凝集剤を使用せず膜ろ過ができないか?

純水製造や排水リサイクルのためにRO膜設備を導入しているが、RO膜の交換頻度が多くコストがかかるため、前処理を見直し、コストダウンをしたい。

BPO対策で、工業用水の飲適化を検討したい。災害時になどのインフラ停止時にも地元に貢献できる企業体制としたい。

水処理設備の老朽化により水処理設備を最適化したい。

RO膜の寿命が短い、適切なRO膜の前処理を検討したい。

製薬用水を蒸留器を使用せず製造したい。

各種電子部品の製造に適した超純水を製造したい。

工業用水分野におけるマイクローザの強みや特長

安定性、ろ過速度、耐薬品性

安定性、ろ過速度、耐薬品性

TIPS法という独自な熱法の中空糸の製造により、高い安定性、高い濾過速度、高い耐薬品性を発揮します。特に原水の有機物濃度が高い場合や、鉄、マンガンなどのスケール成分の濃度が高い場合は、高い耐薬品性が要求されます。

安定性、ろ過速度、耐薬品性

最適なシステム設計ノウハウ

50年にわたる膜ろ過技術や運転データの蓄積により、お客様に最適なシステム設計サポートが可能です。

競合技術との違い

マイクローザは独自の製膜方法により高い耐久性を有したろ過膜です。
ろ過速度や膜寿命の最適化により、プロジェクトの背景にあわせて、ユーザーにもっともマッチした提案をすることができます。

従来法

  • 原水水質の条件にあわせて、
    オペレーターによる凝集剤の注入量の調整が必要
  • 凝集剤の注入により汚泥が発生するため
    汚泥の産廃処分が必要

膜ろ過法

  • 原水水質の状況により、凝集剤を無注入でも
    より良い水質を達成できる
  • 濁度の比較的高い原水には、
    浸漬膜による膜ろ過が有利

支援内容

最適システム提案

最適システム提案

原水種類、原水水質により膜ろ過設備の設計は大きく変わります。プラントの設計条件により最適なシステムのご提案を行います。RO膜の前処理としてお使いになる場合、ROとのセットによる最適なご提案も可能です。お気軽にお問合せください。

運転アドバイス

運転アドバイス

原水の性状の変動や、稼働後の原水条件変更があると、運転条件の見直しが必要になります。薬品洗浄の頻度、使用薬品の種類、濃度などの見直しにより、お客様の運転条件の最適化をご提案します。また、既存の他社様の製品で膜ろ過設備の運転に課題がある場合、他社製品を含めてご相談することが可能です。

膜の寿命診断サービス

膜の寿命診断サービス

膜の寿命は実際の稼働状況により大きく変動します。通年100%で運転するプラントと50%で運転するプラントでは、膜の劣化に差がでます。マイクローザは既存の稼働状況の情報と膜の解析などにより、長年培ったノウハウにより、膜ろ過劣化具合と寿命診断を行います。 

膜の解析

膜の解析

ご使用になっている膜の解析を実施することにより、膜の劣化具合の診断や、薬品洗浄条件の見直しなどを行うことが可能です。

水道分野の主要製品

世界中で2000か所以上の、延べ2200万㎥/日以上の処理実績のある製品です。高性能、ロングライフが特徴で、工業用水の精製や排水のリサイクルなどのRO膜の前処理、水道での浄水などの用途で世界中で活躍している製品です。

マイクローザ UF UNAシリーズ 水処理用加圧膜

マイクローザUF UHSシリーズ 水処理用浸漬膜

ご支援の流れ

使用条件、目的のご相談

お客様の目的により、どのようなInput条件が必要になるかお打ち合わせさせていただきます。

ご提案

お客様の目的や課題解決のためのご提案をいたします。

ご契約

必要な製品やサービスのご契約を締結します。

アフターサービス

運転のモニタリングや運転最適化などにより、お客様の運転最適化のサポートサービスを提供します。

よくあるご質問

膜ろ過設備の設計にはどのような条件が必要になりますか?

原水の種類、水量、水質、システム構成案が必要になります。水質では、最低水温、濁度、有機物(CODやTOC)、鉄、マンガンなどの無機物が必要になります。その他、膜の想定寿命やスタンバイシステムの要否などを決定して、システムのご提案が可能になります。

膜の寿命はどのくらいですか?

水処理の用途であれば、原水の種類、実際の稼働状況などにより、10-15年くらいの稼働実績があります。設備設計時には、ご要望の交換寿命に基づいてご提案することも可能です。(条件によります)

凝集剤はどの程度注入できますか?

水質や凝集剤の種類により異なります。詳細は本Webサイトからお問い合わせください。

薬品洗浄の条件が分からない

原水条件や過去の運転状況、水質の負荷などにより異なります。運転状況に基づいてご提案いたしますので、本Webサイトからお問い合わせください。